セロトニンを増やせばニキビが治るって本当なのか?

セロトニンとは?

セロトニンとは、「ハッピーホルモン」、「幸せホルモン」の名で呼ばれる
神経伝達物質のひとつで、ドーパミン、アドレナリンと並ぶ、
三大神経伝達物質の一つです。

精神を安定させ、リラックスさせてくれる効果があります。
逆にセロトニンが不足していると、情緒不安定に陥ったり、

イライラしたり、うつ病・不眠症などの精神疾患に陥りやすいことがわかっています。

セロトニンを増やすにはどうしたらいいの?

セロトニンは体内で生成されるものなので、それ自体を摂取することはできませんが、
その原材料になる成分を摂取したり、生成を促す活動をすることで、
意図的に増やすことができます。

食事からセロトニンを増やす方法

セロトニンはトリプトファンというアミノ酸物質と、ビタミンB6の合成によって作られており、
その合成には炭水化物が必要です。

この3種をバランス良く摂取することで、セロトニンを増やすことができます。
トリプトファンは、植物性タンパク質に多く含まれています。

代表的なもので、ナッツ類、大豆類、白米、そば等があげられます。
また卵やバナナ、乳製品、肉、魚等にも多く含まれています。

ビタミンB6を多く含む食品は、サンマ、ニンニク、バナナ、レバー、マグロなどです。
また、セロトニンが正常に分泌されるのに、マグネシウムも必要となります。

マグネシウムを多く含む食品には、海藻類、アサリ、納豆、油揚げなどがあげられます。

運動からセロトニンを増やす方法

5分以上の軽いリズム運動は、セロトニンの生成を促すのに
効果的と言われています。ウォーキングしたり、自転車をこいだり、
階段の上り下りなども効果的です。

また咀嚼運動(噛むこと)でも、セロトニンの生成を促すことができます。

太陽がセロトニンの分泌を促す

セロトニンには、太陽が出ている日中の明るい時間に分泌されやすく、
日が沈んでからは分泌が少なくなるという性質があります。

スキンシップでセロトニンを増やす方法

家族、恋人、ペットとのスキンシップが、セロトニンの分泌を
増加させることがわかっています。

ストレスはセロトニンの大敵

強いストレス下では、脳内ではコルチゾールの分泌が盛んになり、
セロトニンの分泌は抑制され、減少する性質にあります。

セロトニンとニキビの関係

セロトニンとニキビの関係には、メラトニンが大きく関係しています。
メラトニンは、睡眠ホルモンとも呼ばれ、

体内時計を調節し快眠をもたらしてくれるホルモンです。

メラトニンが不足すると、良質な睡眠がとれず、睡眠不足に陥ってしまうことも。
実はこのメラトニンは、セロトニンを材料として作られます。

私たちの身体は、日中の活動を通して活性酸素が発生しています。

過剰な活性酸素は、肌細胞を傷つけ、様々な肌トラブルを引き起こします。
そのひとつがニキビや、ニキビの炎症です。

メラトニンには、活性酸素を分解してくれる働きがあり、睡眠中、
細胞を酸化から守ってくれているのです。

ニキビ治療に必要な3大要素は、「保湿・抗酸化・抗炎症」とも言われており、
抗酸化はニキビの改善に欠かせない要素と言えます。

このようなメカニズムにより、セロトニンを増やせば
ニキビ改善に効果的な物質と言うことができるのです。

メラトニンはセロトニンから作られるので、
メラトニンをしっかり分泌させるには、

日中に、充分な量のセロトニンを分泌させる必要があります。

ツタちゃんのまとめ

セロトニンから作られるメラトニンは、ニキビを引き起こす活性酸素を分解し、
身体を酸化から守ってくれます。

セロトニンの分泌は日常生活の中で意識的に増やすことができますので、
積極的に増やし、身体をサポートしていきましょう。