リンデロンVG軟膏はニキビに使わない方がよい


ツタちゃんです!結論から言うと・・
どれだけ大丈夫と言う言葉を
ネットで並べられても、

ニキビに対してリンデロンは
使わない方が良いです。

そもそもニキビ専用の
塗り薬ではないので

長年使った人間として
心からそう思います。

私はリンデロンの影響で
元気な肌までガザガザした
肌になったので辛かったです。

リンデロンvg軟膏とは?

ステロイド薬の一種になります。

市販で買う事ができない
処方箋薬のひとつです。

皮膚科などでは炎症対策として
処方されることがありますが

その問題性も次第に
認知され始めています。

今でもニキビ対策として
皮膚科に行く事が勧められ
リンデロンが出てきますが、

これからは違った角度で見る
必要があるかなと思います。

なので長年辛い思いをしてきた
私なりにお伝え出来る事を書きます。

また現在ニキビ跡ぐらいまで
症状が悪化している方が
このページを見られているなら

こちらに私が実践をしてきた
対策方法をまとめています。

ニキビ跡にまでなっていない方は
今から私の体験を通じて

リンデロンの事を分かる範囲で
お伝えしていきますね。

軟膏の基本的なこと

リンデロンvg軟膏は大手企業の
塩野義製薬株式会社が作っている薬。

薬価は29円ほどでかなり安いですが
一応、先発医薬品です。

わずかに黄色がかった白色の軟膏剤で
ステロイドと抗生物質がセットになってる。

ステロイドはベタメタゾン吉草酸エステル、
抗生物質はゲンタマイシン硫酸塩を指します。

ベタメタゾンはそれなりに強力な
ステロイド薬でして

抗炎症作用と抗アレルギー作用があります。

ゲンタマイシンは殺菌作用があり
細菌の感染を防ぐ効能があります。

そもそも炎症とは免疫細胞が
働いているから起こるのですが、

その働きを抑えることで
炎症を沈めます。

そして免疫力が衰えた状態は
外部の細菌に感染するリスクが生じるため
一緒に抗生物質が配合されています。

ニキビも皮膚炎の一種ということで
場合によっては処方されることもあります。

ステロイドにはいろいろな種類があり
1~5群の順に強さが示されています。

リンデロンの場合は3群ということで
ストロング(強い)という分類になっており
ニキビ以外にも幅広く皮膚炎に用いられています。

つまり「効果が強力」ということは
副作用も強力なんです。

ニキビに効果的なのか?

症状や使い方によっては
かなり有効かもしれませんが

私みたいに誤った使い方をすると
痛いしっぺ返しを喰らいます。

適切な量が難しいのです・・・

ステロイド薬となってる時点で
それなりに有効性はあるといえます。

一時的でも効果が強力だからこそ、
取り扱いに注意が必要ということで
薬局では販売できない塗り薬なんです。

臨床試験でも対照群と
プラセボ(偽薬)群と比べて

明らかに優位性が
認められたという
データもあり、

皮膚科が処方する訳ですから
効果があること自体については、
あまり疑わなくてもよいでしょう。

炎症を沈める効果が高いことから
赤ニキビの段階で処方されると思います。

一般的に処方されるステロイドの中では
かなり強い方だと思われるので、

赤ニキビも数日で良くなると言われています。
ただ、使用量というか使い方が微妙かなと・・

用法用量は医師の指示に従うのは
当たり前なのですが、

私は早く治そうと思い過ぎて
ニキビ周りに使ってしまった為、
健康な肌にまで影響が出てしまい
アトピー肌みたいになりました。

本当に注意すべきはその部分です。

ニキビ跡には結局どうなの?

リンデロンを使ってニキビ跡や
赤みが消える事はありません。

身体の中からちゃんとケアをして
老廃物をはじめ、肌奥の真皮から
ターンオーバーを促さないといけません

リンデロンを長期間使用することで、
副腎の働きが弱くなることもありますし

まれに起こる重い副作用としては、
先程お伝えした通り、

目が見えにくくなる、かすんだり
ゆがんだりして見えるとか

頭痛や吐き気などもありますから
本当に注意が必要です。

ステロイドが炎症や赤みを抑える目的で
皮膚科から処方される事が多くなりますが、

それで使用していくことって、
本質的にはどうなの?と思います。

ニキビケアとしての利用では、
私は大失敗をしてきたので
早く治したいといっても
経験からオススメはしません・・

さきほどもお伝えした通り、
ニキビケア専用商品ではないので・・

使用方法としては1日数回、
患部に適量を塗布する

この適量が難しいです。

もちろん、回数や塗布する量は、
症状によって適宜増減する事になります。

適応量も分からないですし、
健康な肌にステロイドが
付いてしまうと悪影響もでます

最新の注意を払ってリンデロンを
使用される方は使ってください

副作用はどうなのか?

一般的には知られている方ですが
長期的に使用するのはNGだと
思ってください。

そもそも薬というものは
どれも基本的に長い期間
使うものではないのですが

特にステロイドそうだといえます。

ニキビくらいの軽度の皮膚炎なら
そもそもが使うべきではありません。

赤ニキビが出来やすい体質の場合
2週間以上経っても、

一向によくならないケースもありますが
意固地になって使い続けると、

皮膚炎以外にも私の様に
副作用が出てくる恐れがあります。

かゆみや皮膚刺激感、かぶれをはじめ
皮膚が薄くなって敏感になって
新たな皮膚炎を引き起こしたり、

下手すると白内障や緑内障の
リスクだって出てきます。

例えば、目の病気は重度の場合ですが、
他にも頭痛や吐き気、目のかすみや
痛みなども出て来る可能性があります。

重度の場合は月単位、年単位で
使用した場合に限られるかもしれません。
もしくは、毎日グラム単位で使い続けるなど。

ニキビに関してはそんなことは
まずないと思いますが、
注意するに越したことはありません。

なぜかと言うと、私の母が癌で
自宅介護をしていたのですが、

薬の副作用や強い痒みをはじめ、
骨の痛みが出た時に処方されていた
塗薬がリンデロンだったんです。

その時は本当にびっくりしましたし
そのぐらい強力な塗り薬です。

私の様にずっとニキビが
治らない焦りから、

ステロイドを検討されている方は
ちょっと真剣に聞いてください。

一般的に認知されている
リンデロンVG軟膏は最終手段です。

私自身も長く使ってきたから
ハッキリと言える事があるんです。

自分の顔を鏡で見たりして
相手の視線の事まで考えると、

赤ニキビや化膿した吹き出物に対して
即効性を求める気持ちは人間だからこそ
とても良く分かります。

ただですね、リンデロンを
長い期間使用する事になったら・・

私の様に皮膚の赤みや委縮、
シワ、肌荒れをはじめ、
毛細血管が浮き出てくるなどなど、

ステロイド特有の症状が
頻繁に出てくることがあります
*結構辛いですよ?

リンデロンは効果がないから
あなたに言っているんじゃないんです。

この手のステロイド自体を
今検討している方って、

かなりニキビが重症だと思いますので
赤く腫れたり、化膿した状態が、
ずっと繰り返し出来るからですよね?

だけど、それでも安易な気持ちで
あまり使わない方が良いです。

そういう状態を克服したいなら
ビーグレンの高濃度ビタミンC美容液などで

充分カバーできると私は思うので
大切な肌だからこそ良く考えてみてください。

リンデロンの概要まとめ

それではまとめたいと思います。

リンデロンは炎症を抑える
ステロイドの「ベタメタゾン」と、

細菌の働きを抑える抗生物質の
「ゲンタマイシン」が配合された
外用薬になります。

ステロイドのベタメタゾンには、
二キビなどの炎症を抑える強い作用がありますが、

それと同時に免疫力を落として、
細菌に感染しやすい状態を
作ってしまうのです。

抗生物質のゲンタマイシンは、
そのような状態で細菌に
感染するのを防ぐ役割を持ちます。

ステロイド外用薬の効果の強さは、

もっとも強力な1群(最強 strongest)から、

2群(非常に強力 very strong)

3群(強力 strong)

4群(中程度medium)

5群(弱い week)に分類されます。

適度な強さがあることから、
さまざまな症状の皮膚疾患に
処方されている代表的な
ステロイド外用薬です。

また、リンデロンVG軟膏は
ウイルスや真菌(カビ)などによる
皮膚感染症には使用しません。

重度の火傷や皮膚潰瘍の場合、
かえって症状を悪化させたり

肌の回復が遅くなる事があるので、
こういう場合は不向きです。

顔や首、陰部など皮膚が
デリケートな部位には、
最小量の使用に留める
必要がありますね

また、アトピー肌をはじめ、
赤ちゃんや高齢の方、

妊娠中の方に対しては
絶対に使わない方がいいです

リンデロンは外用薬なので、
数日患部のみに少量を使う程度ならば
大きな副作用の心配はないと思いますが、

リンデロンを長年使ってきた
人間からあえて言わせてもらえれば

二キビ治療の一環と使用するのは
向いていないと思っています。

ニキビを作らせない体質にする事が
私は大切だと思っているので、
興味がある方は見てくださいね!

http://kamejiro.info/