私自身、ニキビ跡から急にシミ(色素沈着)に変化をしてしまい
今まではニキビ跡だけだったのにシミの方でも悩むことになりました。

その中で自宅ケアを根気よく頑張ってシミを薄くしてきましたので
これ以上、シミが増えたり悪化していかない様に私生活の中での
シミ予防と対策を1つずつ噛み砕いてお伝え出来たらと思います。

日頃の紫外線対策がカギを握るので基本から抑えていきましょう!


はじめに、ニキビ肌だからという訳でもなくシミが出てきやすくなるのは20代後半からになります!
ただ、ここも10代から日焼け止めクリームなどを使って紫外線対策を普段からしていたか?で
私たちの肌って大きく変わってくるんです。

ただ、そうはいっても今の年代から改めて紫外線対策やニキビケアを行うしかありませんので
これから詳しくお話をさせてもらう前に、ちょっと知っておいてほしいことがあります。

今このページを見てくださっている方が、20代の方なら必ずビタミンC誘導体の化粧品を取り入れること
30代以降の方は、ビタミンAが豊富なレチノールや水素サプリなども取り入れることです。
このあたりについては、あとから詳しくお話していきますね!

まずはニキビ跡の赤みやシミ(色素沈着)が悪化しない為にも
紫外線についての正しい対策を知っておきましょう!

~少しだけの日焼けなら・・と思ったらダメですからね~

そもそも、ニキビ肌でシミが悪化していくのはですね、直近の日差し(紫外線)の影響ではなく
これまでの積み重ねで生まれるものです。これは健康な肌でも同じなのですが、ニキビ肌の場合
健康な肌よりも敏感になり抵抗力も弱くなっているので、シミになりやすいのです・・

ちょっとそこまでの外出だからとか、洗濯物を干す間だけとか、こういう私生活の積み重ねが
肌に紫外線を溜めていく原因の1つとなっていきます。ニキビ肌なら尚更シビアになるべきです。

もう少し掘り下げてみると、私たちの肌には紫外線を貯める場所があって、この場所というのは
人によって大きさが違います。日焼けサロンに行っていた方や海水浴などのアウトドアが好きな方は
どうしても紫外線を受けるスピードが違います。

特に10代の頃に紫外線を浴びる量が多い方は、比較的早い段階でシミになっていきます
ニキビ肌の場合は更にこのスピードが加速していく感じだと思ってください。

また今日は晴天だから紫外線が強いとか、曇りだから紫外線がないというのは間違いです
暑いというのは赤外線の影響であり、紫外線は暑くもまぶしくもありませんからね・・・

~もっと紫外線のことを知っておきましょう~

曇っているから大丈夫は間違い。たとえ曇っていても紫外線は雲を楽に通過して
私たちの肌にダメージを与えますので、短時間でも対策をしておきましょう!

山登りなども標高が高いので紫外線の量は多くなります。涼しいから大丈夫かな?は危険
UV-Bも5月から10月ぐらいまでは強いので気を付けておきましょう!

日陰などを有効に活用する必要がありますが日陰でも紫外線は受けますからね!
洋服などもポリエステルや綿素材などで対策する必要があります。

部屋の中なら大丈夫?紫外線のA波の場合だとガラスを通過して紫外線は受けます。

~SPFとSPAの違いを知っておくと私生活でも役に立ちます~

ニキビ肌でシミで悩む時もやっぱり基本は日焼け止めをしっかり行うことが大切ですが
日焼け止め商品を購入する時の決め手となるSPFとSPAについて知っておきましょう!

そもそも、SPF値というのは紫外線B(UVB)を指します。これをどれだけカットできるか?なんです
要は、何も塗っていない普段の状態から、肌が赤くなってヒリヒリしだすまで状態(サンバーン)までを
どれだけ引き延ばせるか?という基準になります。

SPF3だったら、今の表記としてはSPF30+と明記されていると思いますが
一般的に肌が赤くなるまでには20分ぐらいが必要なので、20分×3=60分です。

ニキビ肌の方が日焼け止めの商品を使う時は、必ずSPF50+を使うことが大事です

SPFはご理解頂けたと思いますので、SPAも大事なので噛み砕いてお話をしていきます。
SPFはUVBの紫外線に対して、SPAは紫外線A波(UVA)をカットできるか?になります。

SPAは数字ではなく、国内独自の表示方法になっていて、+はやや効果、++は効果、
+++は非常に効果があるという3段階での表示が一般的になります。

なぜ、このように曖昧なのかといいますとSPFの基準とは違ってSPAは測定基準が難しく
紫外線A波の影響は主に黒ずみなどで皮膚に現れるのでこの状態になるまでには
数日間かかるからなんですね。

ちょっと余談になりましたが、一般的に知られているのはSPAよりもSPFの方なのですが
ニキビ肌(跡)にとって良くないのはSPAの紫外線A波になります。

ニキビで悩まれている方は、肌の表皮と真皮についてはある程度ご存じだと思いますが
簡単に復習しておくと、お肌自体が持っている自己修復力で再生できる部分が表皮
そして、自己修復力が出来ないのが表皮の奥にある真皮になります。

 

ニキビ跡の場合、この真皮まで痛んでしまっているから跡が出来るのですね・・

紫外線AのUVAは、真皮にまで届いて影響をしてしまうということになります
ちなみに紫外線BのUVBは表皮までなんです。

だから、ニキビ肌に対しての日焼け止めクリームはSPAを見ないといけませんし
紫外線について知ってくださいとお伝えしたのはココを伝えたいからでした。


~ニキビ肌の方が使う日焼け止め商品は、必ずノンケミカルタイプです~

日頃から利用する日焼け止めはノンケミカル(紫外線吸収剤を使っていない)商品を選びましょう!
紫外線吸収剤と表示しているものは少なく、ノンケミカルと書いていると思います!

⇒どれを選べばいいのか?分からない方はSPA50+とPA++++で作られたコレがオススメ


化粧下地やファンデも、このノンケミカルタイプにこだわった方がいいです。
日焼け止め効果の成分が含まれていても紫外線吸収剤が入っていることがあります
見た目に影響がなくても紫外線吸収剤が配合されているのには変わらないからです。

弱酸性だから・・という謳い文句だとしてもノンケミカルでないなら意味がありません

そういう化粧下地やファンデを使うのなら、日焼け止めを化粧下地にしてから
パウダーファンデなどを使った方が吉ですよ!パウダーファンデはUVカット効果もあります
これらをクリアーしているのが、リペアリキッドファンデーションです(格安なのに効果は抜群)

リペアファンデーション

またパウダーファンデはリキッドやクリームタイプの様に界面活性剤が入っていない為
ニキビの悪化を予防できる部分から見ても大きなメリットがあると思います

~シミ予防・対策をする為に日焼け止め商品を使う訳ですが洗顔はどうなの?~

日焼け止め商品をはじめ、パウダーファンデなども使う訳ですから、普通に考えてみるとこういう場合
クレンジングが必要だと思われるはずですが、どうしても肌に負担が掛かってしまうのは否めませんよね・・

また今ではクレンジングって、W洗顔が当たり前になっているので基本的に「W洗顔」は
もうしなくていいんだいう認識を持っておいてください!クレンジング剤もピンキリですからね・・

例えば温感ゲルのクレンジング剤だと保湿成分のグリセリンが配合されているので
クレンジングで肌を温める効果があるので毛穴も開きやすく、汚れも落ちやすいのでW洗顔は要りません。

ただこれだけではダメでして、肌をうるおう為のセラミド、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、スクワラン、
ハチミツ、ポリグルタミン酸、グレープフルーツエキス、コラーゲンなどがクレンジング後の肌を
カバーする成分として必要になります。そして無添加であることが何より大事になってきます。

そんなクレンジング剤なんてあるの?と思われがちですが市販品ではないので見かけないだけで
通販としては表に出ていますよ!これらを解決してくれるのがマナラホットクレンジングゲルです。