マーベロンをはじめ、ピルのお話に入る前に、少しだけ私の経験を話させてくださいね!
ニキビは皮膚炎の一種ですが、その原因は多岐に渡ることが何年も前に分かっています。

肌質に合わない間違ったスキンケアをはじめ生活習慣やストレス、ホルモンバランスの乱れなど
ニキビって本当に多くの要因が絡んでいます。ニキビは男女共に出来る可能性がある
皮膚疾患なのですが、成人になるとどちらかというと女性の方が多い傾向があります。

それは、ホルモンによる影響が関係しているからなんですね・・

ニキビはアクネ菌が大好きな皮脂が増えすぎることが主な原因として
一般的にはよく取り上げられます。確かにそれはそうなのですが、
それだけだと男性ホルモンが多い男性の方がニキビが出来やすい結果になります

要は女性の方がニキビができやすいのは、女性の方がホルモンバランスが狂いやすいのが大きな要因です。
男性は思春期くらいしか激的な変化はないですが、女性の場合は、生理が始まってから閉経まで
ずっと波打つように変化し続けるのです。

女性ホルモンの一種に黄体ホルモンというものがありますが、
それも皮脂の分泌を増やす性質があるんですね!

生理前に、ニキビが頻繁にできることが多いのは黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増すからです。
ニキビをはじめ便秘やめまい、精神面での変化が生じるPMS(月経前症候群)が頻繁におきてしまうのも
ホルモンバランスの著しい変化によるものです。

お題として挙げさせてもらった第3世代ピルといわれるマーベロンは
ニキビ治療薬としてもよく用いられています(私はあまりピル系はお薦めしません)

マーベロンの仕組みを簡単に説明すると、黄体ホルモンや単独で存在する
遊離テストステロンの作用を抑制しながら男性ホルモンと関係するタンパク質の増加を促します。

黄体ホルモンは、さきほどお話した通り、皮脂の分泌を促す性質があるため、
それを押さえつけることでオイリー肌を軽減する効果があります。

テストステロンは男性ホルモンのことなんですが、それと特殊なタンパク質が
くっついたものとそうでないものがあります。男性ホルモンとして効果を発揮するのは、

タンパク質がくっついてないほうですが、マーベロンはそれを増やすことにより、
皮脂の増加を根本から押さえつけます。あとこれまでの低容量ピルと比べて、
副作用が起きにくいものとされているので安全性もけっこう高いと評判です。

ところが人それぞれ体質が異なりますのでマーベロンを服用して効果覿面!って人もいれば
逆に症状が悪化する人もいます。これらの詳しいメカニズムはわかっていませんが、

マーベロンの服用が推奨される方の項目に顔の皮脂が多い方ってのがあるので、
乾燥肌だとかえって悪いのかもしれません。

肌は乾燥すると抵抗力が落ちてしまいますので、その分炎症が発生しやすくなります。
もしあなたがなんらかのピルを飲んでいてニキビが顔や背中・胸など一般的にできやすい所に
たくさん発生するようならな、今後は使用しない方ががいいと思います

一般的には次第に治るといわれているので、我慢するのも手ですがあまり改善しない場合は
ピルの種類を変えるか、使わないかですね・・

その場合は皮膚科医かピルを処方してもらった婦人科とよく相談したほうがいいです
そもそも、ピル自体が薬になるので健康的にあまりよくありません。

ましてやホルモンに関係するものは、基本的な考えとして常に危険がつきまとうと思ったほうがいいと
私自身は思っています。更年期みたいな症状も出てくるかもしれませんからね。

PMSの症状がひどい場合は仕方ないかもですが、ニキビだけの場合あまり安易な理由で
常時は飲まない方がいいと経験から思っています!それだったらエストロゲンをコントロールする
白井田七などの方がピルを飲み続けるよりもいいと思いますよ^^

身体の中からはピルよりも漢方でホルモンバランスをはじめ代謝を良くしながら外部からのスキンケアは
女性のホルモンバランスを安定させる「ラミューテ」というスキンケアもありますから身体に害のない方法で
ニキビケアをした方が結果的には良いと私は思います

女性の肌に合わせた有効成分が他の商品よりも圧倒的に豊富ですし、お値段も化粧品より安いので
ホルモンバランスの乱れでニキビが出来る女性の方は検討してみるのもいいですね