赤ニキビや敏感肌は、洗顔トラブルにおる炎症や
外部からの刺激で赤ら顔になりやすいです

特に色の白い方はきついですよね・・

二キビが治らず角質層に保湿が行き届いていないと
肌のターンオーバーが安定しないので成長過程の途中で
角質が入れ替わってしまいます

その為、例えば冬の寒い冷気や湿度が低い乾燥などが
強い刺激となり、顔の赤みも、二キビの赤みも悪化するんです

過剰な皮脂分泌は脂漏性皮膚炎も起しやすく
その部位が炎症で更に赤くなりやすいのです

この様な状態の時にステロイドなどを使ったり
角質を剥がせば綺麗になるかな・・と安易にレーザーや
ピーリング治療は、絶対にやってはいけません

皮膚の表面部分を表皮と呼び、表皮の下層にあるのが真皮と呼びます

この真皮はターンオーバーされません、二キビが悪化して跡が出来るのは
この真皮まで傷ついているからなんです

赤みや、化膿も真皮に届いて痛んでいるから治りも遅く
だから赤みも出やすいんですね・・・

自己流で過度の洗顔・クレンジングをしたり、回数を増やすと
角質層が傷つき、薄くなるので刺激を強く受けやすくなります

この刺激が直で真皮に伝わり、毛細血管が過敏に反応し拡張するので
赤ら顔になりやすいのですね・・

炎症している二キビも、更に真っ赤になるのでやけどした様に見えますから
少しずつ症状がやわらぐ様に、常日頃から、過度の洗顔・クレンジングは
絶対にやめてください、まずはそこからです