体の全部に言えることですが、ここでは顔を中心に
ニキビに赤みが出てきた場合のことについて明記します

ニキビに赤みが出てきたら、それは炎症のはじまりです
間違ったケアを続けていくと、どんどん悪化していきます

化膿を繰り返し、症状によっては赤みが残ったまま
ニキビ跡クレーターになったり、色素沈着になります

まだ、赤みが出はじめているぐらいの方ならば
洗顔石鹸を変えるだけで解消できることもありますが

既にニキビ跡クレーター・色素沈着になっている場合は
洗顔石鹸だけでは治せません、肌を修復する為にも
こういう状態の場合は、絶対的にビタミンC美容液が必要です

それらを踏まえて、赤みが出はじめた場合の対処方法です

男性の方、赤みが出てしまうのは洗顔に問題があります
手でゴシゴシと雑にある事をやめてください
手で洗っても肌を痛めています

また、ニキビを早く治す為に、洗顔回数を増やす必要はありません
肌質にもよりますが、赤みが頻繁に出ているなら夜1回ぐらいでいいです
清潔にしないといけませんが、過剰な洗顔は皮脂分泌を増やすだけです

女性の方、赤みが出ている時は、クレンジングの使用はSTOPです
また、市販の拭き取りシートなどは洗浄成分が強すぎるのでこれもダメです
男性と同じ様に手でゴシゴシと洗うのはやめましょう!

男女に共通していえることは、洗顔のやり過ぎは乾燥を招くだけではなく
古い角質がはがれにくくなり、角質が厚くなって毛穴に汚れが詰まりやすくなります

どちらも洗顔をする前に、ぬるま湯で30秒から1分ぐらい予洗をしてから
洗顔石鹸を使ってください、使用するのは肌を痛めない為にも
無添加石鹸を使ってください、オススメはノンエーの石鹸です

そして、必ず泡立てネットを使い、弾力のある泡を作りだして
手で洗うのではなく、泡の弾力だけで洗顔はしてください
その後は、予洗と同じ様に、すすぎも同じぐらいの時間をかけましょう

洗顔後は、そのまま放置するのではなく、化粧水だけは使ってください
おすすめは、ヒフミドの化粧水や、リプロスキンの化粧水がオススメです