私はニキビがとにかく治らなかったので、女性としての生きがいもなくし
もうしにたい・・と毎日思う様になってしまっていました。

対人恐怖症にもなり、外に出る事が怖くもなってしまい
家にひきこもる事が多くなりました。

洗顔などはしますが、極力自分の顔を見るのも嫌で
目を瞑ったまま肌のお手入れをしていた時もあります。

ニキビって、本当に手ごわいです。少し油断してしまうと
直ぐにポツポツと出てきてしまう。

これだけ医学が発展しているのに、なんでニキビを即効で治す治療が
未だに実現されないんだと、世の中に不満をもらしていました。
だって実際そうでしょ?って・・

今、現在も確立されていないニキビ治療
世の中って、ニキビに対して安易だと思うの

実際にニキビが出来る様になって、青春時代も、社会人としても
胸を張って外を歩けないというか、自分に自信を持てずに生きている人は
本当にたくさんいるから、ニキビ治療をもっと本格的に研究してほしい

ニキビが出来ただけで、色んなチャンスを見逃してしまう事も
沢山あるから、それで更に自分の人生が嫌になる
私もそうだった。

これだけシビアに肌のお手入れをしているのに
何で良くなっていかないの?と何度も泣きまくった

なにより、他人からあ~かわいそうに・・ わ~ひどいな・・と
少なからず思われている事が苦痛でしかたがなかったの
全く気にしないと言うてくれる友達もいるけど

やっぱりね、会話をしていると目線がニキビにいっているのが
敏感になっているから良く分かるんだよね

そう思うと、また気を遣わせてしまっている事に罪悪感が出て
やっぱり家に閉じこもる事が増えてしまうの繰り返し・・
こんな事ならしんだ方がいいと思う事ばかりだったけど

最後は覚悟が私の場合は勝ったの、もう何年も治っていないけど
ニキビは一生治らないものじゃないんじゃないか?

ナンチャンも若い頃はニキビが酷かったけど、今は綺麗になっているし
ブラマヨの吉田さんも少しずつ綺麗になっているし、私もひょっとしたら・・
そんな気持ちになった事を覚えています。

一生続く訳ではない。ニキビとの時間で失ってしまった時間は
これから取り戻していけばいいじゃないか?

過去にも、未来にも私たちは触れることができない
実際に触れることができるのは、今のこの瞬間だけ

やれることはやった、本当にそう?まだ出来ることはあるんじゃないか?

少し安易になっていたお手入れ方法や食事の部分などを
今まで以上にもっとやってみようと、やらずに後悔するよりも
やれるものは何でもやって後悔した方が納得できると言い聞かせた

地道にニキビケアを行ってきて、ほとんど完治した私が言える事は
ニキビが出来るのは身体からの何かのお知らせ

どこに根本の原因があるのか?ニキビは分かりづらいですが
自分が思う事を1つずつ改善していく事がニキビケアに繋がります。
ニキビケアは石けん、スキンケアだけではありません

身体全体を見直す=ニキビケアだと思ってください!

今とっても辛いと思いますが、身体全体の改善がニキビ改善にも
必ず繋がっていきます!基本的な事はニキビに悩まれているのなら
もう話さなくても分かると思うの。

それ以外に見落としている所はないか?自分の体は自分しか分からない
だから自分を労わってあげるつもりで、小さな原因も拾ってあげてください

ニキビでしにたいと思う気持ちは、本当に良く分かりますが
絶対にあきらめちゃダメですよ!根本から見直していけば
きっと改善の糸口が見れてくるはずですからね!