ニキビがいつも以上にひどくなると大切な人に会いたくても会えない辛さ・・・
とっても良く分かります!私も15年前は同じ気持ちでしたもの。化粧をし過ぎると粉をふくし
赤みがあると余計に厚化粧になりがち(汗) 

そもそも普段から人目を気にしながら生きている中で、恋人と会うということになれば尚更です
変に気を使ってもらうのも何かね、ありがたいんだけどもう1度あの時の肌に戻って欲しいというのが
潜在意識の中に沁み込んでしまっているから相手から気にならないよ、目立たないよと言われても
なかなかもう全く気にならないという考え方にはなれないものです。

ただ、ニキビは即効で治すことができない難病だと私自身は思っていまして、ニキビと向き合いながら
私たちは生きていかないといけません。その為に必要な対策方法は他のページで明記していますが
大切なのは心の持ち方です!今はとっても辛いかもしれません

だけど、ニキビに悩み続ける日々は一生ではありません。人生が狂ったぐらいの感覚になったり
写真を撮ったり見たりするもの嫌な時もあるかもしれません。

それでも自分を友達だと、好きだと言ってくれる人は世の中にたくさんいます。
またニキビは好きで出来ている訳でもないですし、遺伝などもあまり関係ありません

ニキビが治らず、色んな所に出来て時には悪化したりするのは身体の中からのメッセージです。
これまでの生活習慣をガラッと変えてくださいと、ニキビになって私たちに伝えてくれています。

ニキビを屈みで見ると、本当に醜く見えてイヤだな~と凹むことばかりだと思いますが
その裏を返して気づきを与えてくれていると思ってみてください。

そこから、どれだけ自分が本腰を入れてニキビと向き合っていくか?に掛かっていますからね・・・
あなたも悩んでいると思いますが、私は15年間苦しんできました。だから気持ちが本当に分かります

買い物に出かけていても人目が気になることも、彼氏に会いたくない気持ちも、
仕事中で相手の目線がニキビに移動するその一瞬が嫌なことも、洋服を選んでいる時も
ニキビ顔なのにそんな服着るのと思われたりしないだろうかとか、

ドラッグストアでニキビ関連の商品を買う時も、店員さんにあ~悩んでいるんだな~と思われたくないとか
本当にマイナスなことばかりを考えてしまいますが、自分が思っている以上に相手は無関心なものなので
必要以上に億劫になる必要はありません。もっと外の世界は美しいのです。

繰り返しますが、身体からのメッセージだからこそ外部からの対策(石鹸、スキンケア、ファンデ類)だけではなく
身体の中からもしっかり改善をしていきましょうね!私みたいな酷い状態でも回復できたのだから大丈夫です。