首にできる大きいニキビ、目立つし、
痛いし・・やっかいですよね。

そんなニキビ肌を助けてくれる、
救世主的存在として注目されている
化粧品があります。

b.glen(ビーグレン)のビタミンC美容液「Cセラム」といえば、
コスメに詳しい方ならご存知ではないでしょうか?

Cセラムは、ビーグレンの基礎化粧品の中でも
ダントツの人気を誇る、高濃度ビタミンCが
ふんだんに配合された美容液です。

高濃度ビタミンCとは?

ビタミンCと言えば、美肌に欠かせない
代表的なビタミンの一つにあげられますが、

通常は食品やサプリから摂取するのが
一般的ではないでしょうか。

しかし、経口で摂取するビタミンCには、
美容促進の栄養素として欠点があります。

それは、多くの方がご存知のように、ビタミンCが水溶性ビタミンであり、
体内に蓄積しておくことができないということ。

また経口したビタミンCは、脳や肝臓等様々な部分で使われる為、
毎日相当の量を摂取しなければ、すぐに不足状態となってしまいます。

したがって、美容効果を狙うのならば
肌からダイレクトに与えたほうが良いということになります。

しかし、ここでもいくつかの問題が生じます。

まず、ビタミンCは肌への浸透性が低く、
そのままでは真皮まで届かないということです。

また不安定で、化粧品に配合することが
難しいという弱点もあります。

さらに、ビタミンCは酸化されやすく、そのまま肌に塗布すると、
活性酸素の発生や、皮脂分泌過多を促すことがあるのです。

光毒性があり、肌に塗った状態で
紫外線を浴びると、炎症を起こす可能性もあります。

これらのビタミンCの弱点を改善するために、
ビタミンCをコーティングしたものがビタミンC誘導体と呼ばれるもので、

浸透性に優れ、肌内部に届き、体内の酵素により
分解されることでビタミンCへと戻り、

体内で作用します。ビタミンC誘導体は、
美容や医療の現場で活躍しています。

ビタミンCと、ビタミンC誘導体は化粧品としては
全く異なっています。ビタミンCが配合された化粧品を使っても、
ビタミンC誘導体の効果は得られませんので、注意してください。

ビタミンC誘導体の効果とは?
次をあげることができます。

・ニキビ、ニキビ跡の改善、解消
・シミやシワ、たるみの改善
・コラーゲンの増加
・美白効果
・毛穴を引き締め、目立ちにくくする

ニキビにもバッチリ効いてくれるようです。
ビタミンC誘導体は、一般的に通常のコスメより
高額な場合が多いのですが、

これらの効果を見れば、多少の出費を覚悟しても
継続して使用してみる価値はあると言えます。

ビー紅蓮のCセラムのお値段は?

やはり気になるのは価格ですよね。Cセラムは、15ml入りのもので
4,700円となっています。他の美容液に比較して、そんなに高額な印象はありません。

もっと高額で売られている美容液も沢山ありますので、
むしろ高額化粧品の価格帯と比較すると、
お安めの価格設定ではないでしょうか。

使用上の注意点

Cセラムには、7.5%の高濃度ビタミンCが配合されています。
これは、他類似商品と比較しても、かなり贅沢な配分と癒えます。
高濃度ビタミンCには、肌を乾燥させる作用があるため、
使用前後にしっかり保湿をしてあげることが大切です。

まとめ

ビーグレンのビタミンC美容液のご紹介いかがだったでしょうか?
口コミでも高い評価を得ている人気商品なだけに期待は高まりますね。

ビタミンC誘導体、名前は聞いたことがあるけれど、
まだ首ニキビで試したことはないという方はオススメしますよ。
今まで治らないと諦めていたニキビが改善されていくと思います。

この様に外側からのアプローチも重要なのですが、
同じぐらい身体の内側からのアプローチも重要です。
更に詳しい内容はこちらに明記しています。

http://kamejiro.info/nikibibui/kubinikibinaoranai

ここからちょっとマニアックかもしれないですけど
より理解度を深めてもらうためにがんばって書きます!

ビーグレンの製品は全体的に評判がいいですが
それは浸透技術が高いからだと言えると思います。

さきほどビタミンC誘導体のことを言いましたけど
それは正確にいうとQuSome(キューソーム)っていう
技術で造られたものなんです。

ビーグレンの顔になっている白髪のおじさん、
ブライアン・ケラーって方が開発した技術です。

もともとは薬の浸透技術を高めるために
開発されたものだそうなので
その技術力の高さは折り紙付きかも?

ビタミンC誘導体にはいろんな種類があり
年々技術が高まってきてるそうですが
ビーグレンはたぶんトップクラスだと思います。

まあ私はビーグレンの社員でもないし
研究者でも評論家でもないから
詳しくはわかんないんですけど(笑)

説明を見る限り他の化粧品では
あんまりない感じに見えたので
そう思っただけです。

キューソームの特徴は主に4つあるそうです。

肌に馴染みやすい、安定性が高い、
必要な箇所に届く、持続力が高いの4つです。

肌の馴染みやすいってのは
水溶性と美容性の成分が交互に重ねているから
浸透性が高いだけでなく効果を発揮するのも
早いんだそうです。

肌は皮脂で守られているので
水溶性の成分は浸透しにくいですよね。

ビタミンCはもともと水溶性だから
なんらかの技術を付与して
染み込ませる工夫が必要です。

それで誘導体をいろんなメーカーが
開発にしのぎを削っていると思いますが
脂溶性と水溶性の両方の性質を
サンドイッチのようにくっつけた技術は
たぶんキューソームだけだと思います。

次は安定性の高さについて。

これは成分がナノサイズのカプセルに
包み込まれているのでそう簡単に
成分が壊れないそうです。

ビタミンCって不安定な物質でもあるので
すぐ酸化してダメになっちゃうんですよね。

ニキビもニキビ跡も肌の奥の方に
原因がある場合が多いので
カプセル化は必須かなぁと思います。

てことで必要な箇所にしっかり届く効果も
自然と付随することになります。

首ニキビとかニキビ跡は特にそうですけど
肌の奥の方に芯とか膿とかシミなどの
老廃物が溜まりやすいですよね。

角質層はミクロの視点でみると結構厚いんです。

首は皮膚が薄い方ですが
首ニキビが出来るってことは
角質層が厚くなってるので
なおさら浸透技術は重要だと思います!

ちなみにナノカプセルって
70~150ナノメートルの大きさとのこと。

それだけ聞くとあまりピンとこないですけど
針の先に50個とか乗っかるサイズらしいです!

そのうえ脂溶性ですからね^^

で、最後の持続力について。
これまたすごいんです。

ただ浸透するだけじゃなくて
少しずつ溶けるようになっているそうです。

それをスローリリース機能といいます。

ピンポイントで患部に到達して
問題箇所を何時間もかけてケアしてくれるってことです。

以上がキューソーム技術の大体の説明でした。

他の化粧品と比べて1歩も2歩も先をいってると思えるのが
ちょっとは理解できたかなぁと思います。

15mlで4700円と端的に聞くと
高級化粧品とか贅沢だと思う人が多そうですが
上の説明をちゃんと見てくれたなら
そんなに高くないかなって思えるはず^^

巷にはもっと高いものがゴロゴロしてますよね。
典型的なのは海外セレブが使ってるようなもの。

あぁいうのはほとんどブランド料ですので
化粧品としては二流だと思います。

ビタミンC系で高いものもいろいろありますけど
ちゃんと機能面もみてほしいです。

かといって安物だとあんまり意味がないのは
もはや説明するまでもないですね^^

てことでビーグレンのCセラムは首ニキビだけでなく
あらゆるニキビに対応してると思いますし、
肌の引き締め、シワ、たるみ、毛穴、シミ、くすみ、
そしてニキビ跡にも使えます。

ニキビ跡は治りにくいので特にポイントだと思います。

首ニキビは長引きやすいですし
生理のたびにできやすいので再発もしやすいです。

つまり首はニキビ跡もできやすい箇所です。

全部を調べれるわけじゃないから
断言はできないですけど
たぶんニキビ跡対策でも一番いいと私は思ってます。

ビタミンCの濃度が高いから
乾燥しやすい欠点はありますけど
それさえ気をつければ大丈夫かな。

少なくとも塗り薬よりはいいと思います。

医薬品と化粧品では効果が全然違うと言われますが
それは法律というかマニュアル上の
一般論に過ぎないと思います。

実際、薬は成分の種類とか濃度とかで
区分けされてるものですから
技術力とかはほとんど関係なかったと思います。

そして炎症を抑えるとか殺菌するとか
そういうことしか基本的にはできないので
ビーグレンとは比べ物になりません。

最近は皮脂を分解するようなものも出てますけど
要は単なるピーリング剤の一種ですので
特にすごいってものでもないと思います。

ビタミン系の誘導体も使われてるものもありますが
キューソームほどこだわっているものは
見たことがないですね。