ニキビが治らない根本はこの乾燥肌を作り出しているのが
大きな原因を占めてします、保湿成分が正しく働かず
肌の水分が無くなってしまうのが乾燥肌です

保湿成分(セラミド、コラーゲン)などは年齢と共に低下します
古い角質と新しい角質を入れ替えて肌を健康に保つ
ターンオーバーの周期も低下していきます

冬場になると足の裏が硬くなってしまう経験などありませんか?
肌も同じで硬くなり、ゴワついていきます!シワっぽくも見えますよね

肌が粉拭いて、化粧水が浸透しないという声も聞きますが
それも硬くなっているからです、洗顔をやり過ぎると皮脂が詰まり
角質層も厚くなっていかうんです

本来、角質層は紫外線や、ホコリなど外部の刺激物から
肌を守る為にありますので、洗浄成分が高い石鹸やクレンジングで
安易に洗顔をやり過ぎるとますます肌を守ろうとして厚くなります

こういう状態だと古い角質と新しい角質の入れ替わりが悪く
成長段階の途中で新しい肌と入れ替わってしまいますので
いくら化粧水で何回も保湿させようとしても蒸発するだけです

普通の化粧水ではたとえ肌に良くても二キビ肌をケアすることはできません
二キビ肌を前提とした化粧水じゃないと保湿は届かないのです

勘違いしてはいけないのが、水分を与えるのではなく
水分を保つ肌を作り上げるのが正解です

こういう肌を作り上げれば、乾いたお部屋にいても肌は簡単には
乾燥しないのです、たっぷりと化粧水を与えているのに
直ぐに肌が乾燥するのは

洗顔、クレンジングなどをちゃんと見直さないからです!
また肌を傷めない様にコットンなどに化粧水を染み込ませて
保湿をされている方もいらっしゃるかもしれませんが
どんなに優しいコットンでも少なからず痛めています
化粧水は自分の手か、スプレータイプがベターです