例えば、男性にありがちなのはニキビは菌が繁殖してるからと
自宅にある手洗い用の石鹸でゴシゴシ洗い過ぎることです。

それだと肌に必要な分の皮脂膜もそぎ落としてしまい、
ますますニキビが悪化する要因を作り出しています。

皮脂は皮膚を外敵から守るための防護壁でもあるので、
あんまり洗いすぎるとかえって不足分を補うため
皮脂腺から大量に分泌されてしまいます。

また使ってる石鹸の成分にも問題があります。
一般的な石鹸では、洗浄力が強すぎる界面活性剤が使われてるので
丁寧に洗ったとしても、毛穴の汚れと一緒に皮脂を落としています

界面活性剤の世間体と言いますか、
評判はどちらかというとよくないほうに傾いています。

洗浄力が強すぎるからどうのこうのと色々言われてますが、
すべての界面活性剤が悪いわけではありません。

界面活性剤にもいろいろ種類があり、
洗浄力が強すぎるといわれるのは石油などから作られた
ラウレス硫酸ナトリウムなどの陰イオン界面活性剤です。

そういうのはタンパク質を壊す性質もあるので
肌表面をガサガサにしてしまう悪性もあります。

肌には全くよろしくないですが、界面活性剤こそが
洗浄成分のことになるので、使わないことには洗顔はできません。

勘違いしている人は地味に多いと思いますが、
界面活性剤が含まれてない洗浄剤は基本的にはありません。

だから、無添加やアミノ酸などを元に作られた、
低刺激の界面活性剤などが理想ですね!

それだと、洗浄力が強すぎも弱すぎもせず、
肌にも優しく余分な汚れだけを排除することができます。
ニキビがあるのですから、これ以上、肌を痛めない事が大切です

ニキビが治らない場合は、洗顔回数を増やす必要はないすでし
なるべく肌に優しい石鹸を使って、手でゴシゴシと洗うのではなく、
泡の力だけで優しく洗顔をしてください

ただ、安全性が高いからといってすすぎの手を抜くと、
細菌の増殖と炎症の原因になりえますので注意しましょう。

ニキビは皮脂の分泌が過剰になり過ぎる為
その影響からアクネ菌が皮脂を食べる事で
炎症が起こりはじめます

てアクネ菌が悪者扱いされるときもありますが
常在菌の一種なので人間と上手く共存している存在です。
だから、うまく付き合えばずっと味方になります。

本当に悪いのは、皮脂が増やし過ぎていることですし
その体質を作るのは他でもない自分になります・・

皮脂も常在菌もちゃんと役割がありますし逆を言うと
炎症だって生体反応の一部なので必要です

生活習慣が不規則、つまり栄養バランスが偏った食生活や
睡眠不足、ストレスを感じ取ってしまう環境や感情の浮き沈み
そういうのが積み重なっていくと、自律神経のバランスが崩れて
皮脂の分泌が過剰になる原因になります。