ツタちゃんです!顔の脂の分泌を抑えれば
ニキビ肌にも良い影響を与えるのでしょうか?
答えはYESです!

その前に、基本的な部分から勉強していきましょう!
そもそも。肌質には4つの種類があります。

一般的に肌質は、普通肌、脂性肌、乾燥肌、混合肌の4つ

偏りのないノーマルな普通肌に比べ脂性肌は、脂肌、オイリー
肌、テカリ肌などと呼ばれ、肌がべたついたり、毛穴が目立っ
たり、肌トラブルが起きやすい体質と言えます。乾燥肌はドラ
イ肌などとも呼ばれ、肌の水分量が30%以下に低下している状
態の肌を刺します。脂性肌と乾燥肌とが、対極するものではな
く、共存の関係にあることは、すでに良く知られています。
なぜ脂性肌と乾燥肌は共存関係にあると言えるのでしょうか?

脂性肌はニキビができやすい?
4つの肌質の中で、脂性肌は最もニキビができやすい肌質である
と言えます。ニキビのもととなるアクネ菌は、毛穴に詰まった
皮脂を餌にしています。脂性肌は皮脂の過剰分泌が原因となっ
ているため、毛穴も詰まりやすく、ニキビができやすいのです。

脂性肌と乾燥肌
脂性肌は、皮脂が過剰分泌されてしまう状態の肌を言いますが、
皮脂の過剰分泌は、乾燥が原因になっていることが多いのです。
肌は乾燥すると、防衛本能が働き、皮脂を分泌します。つまり、
脂性肌の原因は、乾燥肌にある場合が多いのです。肌が油っぽ
くなると、本人は脂性肌だと思い込こみ、誤ったスキンケアを
してしまうことで、ますます乾燥が進み、結果脂性肌が治らな
い、という悪循環を招いてしまいます。

脂性肌になりやすい時期がある?
肌質は一生のうち、大なり小なり変化していきます。普通肌の
人が突然乾燥肌になったり、脂性肌になったりすることもある
でしょう。皮脂の分泌はホルモンバランスに大きく左右されま
すので、年齢により、脂性肌になりやすい時期と、そうではな
い時期があります。
まず、最も脂性肌になりやすい時期が思春期と言えます。思春
期はホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの分泌が盛んにな
ります。新陳代謝も活発化するため、皮脂が大量に分泌されま
す。次に男性ホルモンの分泌が盛んになるのが、30代後半から
40代にかけてです。この時期にも、皮脂の分泌が高まりので、
脂性肌になりやすい時期と言えるでしょう。

脂性肌の体質を変えることはできる?
元々生まれ持った体質があることは否めませんが、自分が脂性
肌になっている原因を知り、その原因を取り除くことで、肌質
は改善できると言えます。どのような原因であるにせよ、改善
するポイントとなるのは「食生活」「ホルモンバランス」「ス
キンケア」の3つでしょう。

食生活に心当たりがある人は、食事を見直しましょう。特に脂
質の過剰摂取は、脂性肌を招きます。お菓子が大好きでやめら
れない!という人は、脂質の少ないものを選んで食べるように
しましょう。
ホルモンバランスは、ストレスや睡眠不足等により乱れやすい
ので、生活が不規則な人は、生活習慣を見直すことで、脂性肌
の改善が見込めます。
スキンケアは、脂性肌ケアでは常識とも言えますが、洗顔のし
すぎは禁物、保湿をしっかりすることが重要です。脂性肌は乾
燥が原因であることが多いので、保湿を徹底し、乾燥を防ぐこ
とで、肌を正常な状態へと促すことができます。注意点は油分
の少ないものを使うことです。

脂性肌には入浴が効果的?
肌表面の潤いは、皮脂腺、汗腺、角質細胞の3つの働きによって
守られています。脂性肌の人は、皮脂腺が過剰に働いてしまっ
ている状態。そこで、他の2つの働きを助けることが、脂性肌の
改善に繋がります。角質汗腺の働きを活性化させる場合は、入浴
方法を変える方法が、最も有効です。一方、汗腺はどのような方
法で活発化させればよいのでしょうか?汗腺の働きを助けるのに
とても有効なのが半身浴です。シャワーのみで、あまりゆっくり
湯船につからない・・という方は、ぜひ試してみると良いでしょう。
あまり熱いお湯や、長時間の入浴は乾燥を招きますので、38~40度
程度のぬるめのお湯に、15分前後つかるのが理想的です。入浴後は、
しっかり保湿し、肌の潤いを保つようにしてください。

まとめ
脂性肌の改善方法についてご紹介しました。脂性肌は、乾燥から
生じているケースが多いということを忘れず、保湿はしっかり
行うようにしましょう。また地道な生活習慣の改善が、トラブル
レス肌への近道だということも念頭に置きながら、正しいスキン
ケアで美肌を目指していきましょう。