ニキビは年齢で出来る場所が違います

実は二キビって、年齢によって出来る場所や症状が違ってきます

10代でしたらTゾーンをはじめ、頬などに小さな白ニキビがたくさんできやすくなります
これは皮脂の分泌が盛んな時期によるものですから、一般的に洗顔をこまめにする事と
言われてはいますが、こまめにする必要は一切ありません。むしろ悪化させるだけです

20代になってくると白ニキビじゃなく、今度は炎症した赤く腫れた様な化膿ニキビが
10代とは違って、頬以外にもあごや、首まわりに出来る様になってきます

20代前半から、お肌の曲がり角と言われている通り、肌の老化がはじまっているのです
年齢によって、二キビは下にさがっていくと何かの記事で見たこともあります

10代に比べて仕事や、対人ストレスなどが絡んでくるので、ホルモンバランスが乱れたり
社会人としての飲み会でアルコールも摂取する様になりまうし、食生活も偏りやすくなります

野菜の摂取不足で、ビタミン類などを補えないこと、運動不足による新陳代謝の低下などが
10代と比べて、かなりの割合を占めてくる様になります

30代になると、肌のセラミドや、コラーゲンが20代に比べて低下していくので
症状としては、20代と変わらない赤ニキビなどになるのですが治りにくい状態が続きます
漢方を使って、身体の中から治そうと努力している方も非常に多い世代です

30代は頭皮ニキビ、うなじニキビ、肩回り二キビ、デコルテニキビが出来やすいです

また、20代でニキビが治せなかった方は、私の様におそらくニキビ跡になってしまったり、
顔に赤みが残ってしまい、クレーター肌になっている可能性が高いと思いますので
20代のケアとは違って一工夫が必要になります

40代は、30代と出来る場所は大きく変わりはしませんが、ホルモンバランスの低下により
顔中に吹き出物が出来てしまったり、お尻ニキビなどが出来やすくなると言われています
また健康な肌でもシミが出来やすい年代となりますので、

二キビ肌の方でしたら高い確率で、炎症したニキビから色素沈着を起こして
シミになっているケースも非常に多いのではと思います

50代のニキビは加齢によって、肌本来が持つコラーゲンやセラミド、エストロゲンなどが
著しく低下してしまうので、症状としては40代と変わりませんが、二キビケア以外の部分でも
さまざまなフェイシャルケアが必要になってくる年代になります

40代で二キビが治らない原因|肌のターンオーバーが安定しないから

二キビ年齢別の違い

40代になっても赤みのある肌荒れや、吹き出物ニキビが頻繁に出たり、二キビ跡が薄くなっていかない場合は水分が安定していない状態が続いていません 体質を改善させる(睡眠、食事バランス、ストレス、便秘)などももちろん関係してい […]

ページの先頭へ