自分のニキビ肌をしっかり把握することが大切

なかなかニキビが治らない時は、自分の肌質をもう1度チェックすることをオススメします

乾燥肌だとしても、肌の奥がインナードライになっていることもありますし
敏感肌といっても、超敏感肌の時もあるので、通常の二キビケア以上に
こまめにお手入れをしてあげる必要があります

例えば、柔軟化粧水で肌を和らげた後、化粧水を付けて保湿を安定させる
顔に赤みが残っている場合でしたらビタミンC美容液を重ね塗りするなど
肌質の状態によって変わることを知っておきましょう!

普段からニキビケアをされていると思いますが、その状態で回復が遅い場合は
肌質がどうなのか?を自分なりでいいので把握してください

洗顔後、ヒリヒリしてしまう。化粧水をつけて直ぐに蒸発する、顔がべたついてしまうなど
スキンケアをしていても、肌の変化が変わってしまう場合は、石鹸自体を無添加に変えて
スキンケアも1度見直した方がいいかもしれません

また肌質を変える時は、石鹸やスキンケアではなく、肌の状態が安定しない方ほど
身体の中からも変えていく必要があります。保湿を安定させようとして水分を多めにとっても
変化がない方は、胃腸を冷やしている可能性が高いので水分の摂り過ぎはよくないです

食事の偏り、睡眠不足も、ホルモンバランスが乱れるので、肌質に大きく影響してきます
私生活スタイルも含めて、現状を把握しながら、自分の肌質を知った上で
お手入れ方法に対して、力を入れていく部分を強化していきましょう!

どうしても安易なお手入れだと、ニキビは急激に悪化していきます。
赤ニキビになったら用心してくださいね!そのままの状態が続いていくと
黄ニキビになり、最終的にはニキビ跡になってしまいますから・・

ここまで来ると、完治に近い状態になるまで1年~2年という月日が必要になりますよ!

ページの先頭へ