・にきび表面の膿は取り出すべきという意見が優勢

にきびが悪化すると最終的には黄ニキビになります。

アクネ菌以外の菌により更に変色することもありますが
基本的には黄色にきびが最終段階だと思っていいと思います。

膿も芯と同様に毛穴に詰まって
新たな炎症を引き起こすおそれがあるものですので、
取り出せるなら取り出したほうがいい。

という意見がどちらかというと優勢です。

いずれは新陳代謝により体内に吸収され、
何らかの形で排出されていくのですが
表面の膿に関しては取ったほうがいいという感じです。

膿を取り出す方法は自己流かプロにまかせるがあり、
プロは皮膚科医かエステティシャンの2通りがあります。

いずれも良し悪しがあるので
自分の感情や状況によってやり方を決めればいいと思います。

もちろん膿が発生しないよう心がけることが
一番大切なのは言うまでもありません。

・膿を取り出す基礎知識と注意点

まず基礎知識として膿とは、白血球や細菌の死骸の塊です。

炎症は白血球が余計な菌などと戦うことで
細胞組織が活性酸素のダメージを受けておきます。

それが大したことがないと膿はほとんど出ず、
気づかない内に体内に吸収されていきます。

もし炎症が深刻=アクネ菌などが多く増殖すると
それだけ死骸も多くなってしまうので
膿が毛穴表面にまで到達してくることになります。

膿は簡単にいうと老廃物のひとつなのですが、
場合によってはそれも炎症の引き金になることがあります。

膿が毛穴を塞ぐと酸素を嫌うアクネ菌が
また増殖するキッカケにもなりえます。

ということで膿はさっさと取り除いた方がいいと
言われることが多いです。

もちろん反対意見もありますが、
すべての意見が真っ向から反対してるわけでもありません。

潰してもいいけど自分でやるのはリスクが高いから
プロにまかせましょうといった意見もあるということです。

どの意見も正解と不正解が混ざっているものなので、
自分がいいと思う方法で処置すればいいと思います。

爪楊枝や何かの針を消毒して膿の表面を軽く指し、
弱い力でつまんで膿を取り出した後、
刺激の低い軟膏などでバイ菌の侵入や増殖を防ぐ、
というのが通常のやり方です。

自信がなかったりめんどくさいと思うのであれば、
プロにおまかせすればいいと思います。

それすらめんどくさいと思うなら何もしなければいいのですが、
単に放置するとニキビ跡となるリスクが高まるようです。

それも私生活の良し悪しで決まってきそうですが、
ニキビ跡が嫌なら何かしらの行動は取ったほうがいいですね。

プロは皮膚科医かエステティシャンを指します。

オーソドックスなのは前者ですが、
適当な医師も中にはいるので皮膚科に行ったにもかかわらず
ニキビ跡が出来てしまったという事例もあるそうです。

その人の肌の問題や生活習慣はわからないため
なんとも言えない部分もありますが、
皮膚科医にも差があることは確かです。

エステの場合も開業の敷居が低いことから
ほとんど素人みたいな人もいるから一定の注意は必要。

あと確かな腕があって評判なところでも
保険が効かないので高くつく欠点も考慮しないといけません。

・化膿は異常である

にきびの膿だけとってみてもいろいろな要素があります。

潰すべきか、病院に行くべきか、ニキビ痕の一歩手前など
いろいろ学ぶべきことがあることがわかります。

でも一番に意識するべきは、
ニキビが化膿するのはかなりおかしいことだということ。

それは思春期でも例外ではありません。

本来健康的な生活を遅れているのなら
せいぜい白ニキビ程度で収まるはずです。

健康なら免疫力が高い、ターンオーバーが乱れていない、
皮脂や不要な角質が毛穴に詰まったりしないということになります。

スキンケアはよく大事と言われますが、
それよりも前に意識すべきことはたくさんあります。