30代になっても顔を中心に出来るニキビが一向に治らない方
おそらく、肌荒れが続き、赤みが出たり、症状が重症の方は
二キビ跡(痕)なども発生していると思います

体質改善をはじめ、自分なりに出来る二キビケアを行われていると思います
対が肌が荒れて赤みが出ている、二キビ跡を薄くしたい方の場合は
ビタミンC美容液を使わないと症状は軽くなっていきません

30代にもなると肌を守るバリア機能が低下をしていきます!
これはセラミドが減っているからです

肌の角質層が崩れない為に補間をしてくれているのがセラミドです
肌の水分を守り、外部からの刺激から肌を守ってくれています

肌が乾燥気味の肌になるのは、水分とセラミドが足りなくなるからです
自分の目でみて肌が粉をふいた状態になっている時が有ると思いますが
そういう状態です

この状態で市販品などを使って洗顔、クレンジングを行うと染みたり
肌荒れも起こりやすくなるので、ニキビも治らないんですね!

年齢と共にセラミドの生産量も減っていくので、健康な肌でも
肌は少しずつ乾燥しやすくなっていきます

ニキビを治すとう考えではなく、まずは水分が潤っている肌を作り上げる
ここの概念が非常に重要です!水分が潤っている肌を作れば
二キビは出来にくくなります

だからこそ、毎日使用する石鹸や、クレンジング、スキンケアは
界面活性剤が豊富に配合されてある格安の市販品ではなく、
二キビケア専用品を使い続ける必要があります!

ただ、あくまでこれらは外的ケアになりますので
体質改善を含む内的ケアもしっかりと行わないといけません

どちらかだけに力を入れても、それは一時的によくなるだけで
ニキビが出来にくい肌には結論としてなっていないのです
ニキビスキンケアに対する基礎知識を身につけましょう!